私は会社に勤めていて毎月定期的な収入があり、世間一般ではそこそこ安定した経済力を持っていると思われているかもしれません。でも、現実はお金が入ってくるのはひと月ごとなのに対し予定外の支出はいつ訪れるかわからないため、結構お金がカツカツなときもあって本当に生活を軌道に乗せるにはまだ数年はかかりそうです。

そんな私の相棒が、銀行で作ったカードに付帯しているキャッシングサービスです。社会人ともなると自分でお金に厳しくしていても周りによって払わされることが多く、冠婚葬祭やその他の付き合いなどが重なればすぐ何万も飛んでいきます。そうなると給料日がやってくるまで少しの間辛抱しないといけませんが、私はその間をキャッシングで乗り切っています。

キャッシングなら1万円から必要な額だけ借りることができますし使いすぎることがなく、返済に焦ったことはこれまで全くありません。数万程度なら給料やボーナスが入ればすぐ返せるからそれほど負担にはならないのです。こうしたちょっとした繋ぎでキャッシングを使ってみれば、一般的なイメージよりも自由自在に使いこなせて大助かりだと感じるはずです。友人関係や仕事が上手くいっている裏で私はこうしてお金をやりくりしています。